自己破産しないためにはどうすればいいの?

自己破産してしまう人には色々な理由があります。自分が知らないうちに借金があったというような気の毒な話もありますが、ほとんどは野放図な借金が原因です。そのため自己破産になる前に自分で自分の経済状態をコントロールする必要があります。
たいして難しいことではありません。カードローンを使い、キャッシングしたらできる限りすぐに返したり、住宅や車のローンは早めに繰上返済をすることです。若い人の中には給料日前に支出が多くなってお金が足りなくなることがあるかもしれません。そんな時にキャッシングするのはやむを得ないですが、給料日に一旦全額返済してゼロにすべきなのです。もし今持っているカードローンが随時弁済できないなら、すぐに解約して別の信販会社に変えるべきでしょう。意外に思われるかもしれませんが、自己破産に追い込まれた人の多くは、このように少額のカードローンを返さないままズルズルと引っ張ってしまったことがきっかけになっているのです。
最近はカードローンの契約が簡単にできるばかりか、利用もコンビニATMでできるので返済の必要があると意識しないことが多いのです。しかしこれは非常に危険なことなのです。借りたお金を返さずに放置しておくと利息が増えます。毎月の定額の返済額は利息に充当されるので元本は減りません。また利用したくなったら限度額までなら利用可能ですが、そのうちに限度額に達して利用できなくなります。
このような事態になる前に対処しなければいけません。このことはクレジットカードを使った場合も同じです。リボ払いはカード会社に借金をしているのと同じです。野放図に使っていると返済に窮することになります。
いずれにしても支払がきついなと思ったら自己破産予備軍だと思って何らかの対処が必要になります。