自己破産した奴はドロボーだという人がいますが本当ですか?

自己破産をすると、今まで自分が借りた借金の残額がゼロになります。つまり債務免除を受けるわけです。これで自己破産をした人は人生をやり直すことができます。しかし債権放棄を半ば強制的にさせられた信販会社から見るとどうでしようか。ドロボーだと言いたくなるのはわかります。
しかし自己破産した人だけの責任なのでしょうか。最近の自己破産で多いのは、カードローンを原因とした自己破産です。大手の信販会社では宣伝を大々的にするとともに、コンビニATMで気軽に借りることができるようにしています。しかし返済は簡単にはできません。毎月の約定弁済額だけでは利息支払こそできても、元本は減りません。このことはクレジットカードのリボ払いも同様です。
借金の返済はそれなりに痛みを伴います。返しにくい状態にあるのに、あえて返そうとするインセンティブが起きるわけがありません。返さないのは自己破産者の責任です。しかしそのような状態にした責任の一端は信販会社側にもあります。ドロボー呼ばわりされる筋合いはないと言いたい人もいるでしょう。
このような状態にならないためにも、カードローンを選ぶ際には利用のしやすさだけではなく、返済のしやすさも考慮して選ぶ必要があります。利用も随時弁済も同じコンビニのATMで可能になっていれば、返済を後回しにせずに完済できていた可能性は十分にあります。
信販会社の収益は、借入金利息収入にあります。収益獲得のためには簡単に返済されては困るでしょう。しかし収益だけを追及することで、返済ができずに自己破産に追い込まれてしまう人もいるのです。自己破産者は破産者だけの責任ではありません。